FC2ブログ

Entries

女体解剖授業

氏賀Y太の新刊「女体解剖授業」、一応アダルトコミックなので
此処で取り上げるのもどうかと思ったのですが…。

一応表紙、画像はUPしないでおきます…。

久しく絶版で入手困難、AMAZONではまたプレミア高騰価格になっ
ていた「デスフェイス」の復刻(+巻頭カラー書き下ろし)の体裁。
いやーそれにしても松文館の単行本は味も素っ気もないっすねー
ページを開くといきなり漫画開始、あとがきもおまけも何にも
無し、目次は最後の頁に初出も何も記されない無粋なもの。
唯一カバーをはずした表紙がちょっと遊び心(泣)入っている
程度。こんなんだから裁ry

氏賀Y太氏のサイトは随分前から見てましたが(最近は日常の
瑣末事等雑文を記した体裁の日記もなくなってしまって淋しい
です……まいちゃんを殴ろうゲームはまだ辛うじて残ってるけ
ど)単行本を購入するのは「真・現代猟奇伝」、「巫女と野獣」
に次いで3冊目。
幼気な幼女少女が意味も無く徒に只管第三者の欲、悪意によって
精神も肉体も蹂躙され殺害され解体され存在自体を徹底的に破壊
されていく様が何ともいや~な、無常観に読者を陥れてくれます。
この辺はジャック・ケッチャムの著作にも通じるものがあるかな
あと。
ギャグ風味、ブラックユーモアを狙った作風の短編作品も含めて
恐らく性描写すらも「楽しめる」ようには創作してないと推察し
ますがその辺りはパゾリーニの一連の映画、創作姿勢とも相通じ
るものがあると思いまふ。

デスフェイスを含むシリーズ連作「マテリアル」のヒロインの健気で
気高い精神に涙しました。

http://uziga.sakura.ne.jp/doku/index.html

こちらは公式サイト。


スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/90-c59fe7d0
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索