FC2ブログ

Entries

ワンス・アポン・ア・タイム、イン・ハリウッド

20190905tara01.jpg

 公開翌週、レイトショーで何とか鑑賞出来ました。1週間経過で次の封切り映画が始まると小さいスクリーンに強制移動は仕方ないのか〜上映時間長いし(泣)。以下ネタバレあり。
 まあポスター自体が壮大なネタバレなんだけどね、下の惹句読まなくて本当良かったわ。まあ予想した通りイングロリアス・バスターズのように歴史上の事実を吹き飛ばす展開(笑)。

 時代考証は徹底してますね、あまり知らない自分にもある程度は(泣)入っていた知識でディティールの再現性の高さはわかりました。
 上映時間160分、鑑賞前はビビりましたが、観ていると長さを感じさせない、逆にまだまだ、もっとこの夢の空間の時間が続いて欲しいと願わずにはいられない至福の時でした。トイレは厳しいですが(泣)。

それにしても、今回も変わらず

ブラピ無双過ぎ(^-^)/

20190905tara02.jpg

世界最強の男、の筈のブルース・リー師父を難なくコテンパンに、ファミリーの本拠地に単身入って行って無事脱出、シャロン・テート殺害実行犯にも全く動じる事なく皆殺し。あ、実際に殺したのは1人だけか。

本当、時間を戻せたらなあ‥誰に聞いても天使のような存在だったシャロン・テートが惨殺される世の不条理、無かった事にして欲しいものです‥。

あと、繰り返してますが、バカを騙して人殺し指示したマンソンはクズの中のクズ。キングなんかじゃ無い!!このあたりはおそらく過去の脚本をタランティーノは恥じている、と思いたい(笑)。だからこそ、のこのストーリーでしょ?

とゆー訳で、落ち目の役者はシャロン・テートに認められ、これから再び華々しいキャリアの始まり、といったところで映画は終わり。

いやーそれにしても、フィンチャーのマインドゲームもそうですが、この時代まで遡らなくても、昔は本当タバコ喫いまくりだよなあ‥そりゃあ早死にするわ‥(*´v`)
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/562-21ce8efc
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索