FC2ブログ

Entries

Mr.GLASS/Mr.ガラス

Mrガラス1

毀誉褒貶激しい(笑)シャマラン監督作品。アンブレイカブルは自分の一番好きな作品ですが
さて今回は?
以下ネタバレあり。
アンブレイカブルからもう18年ちょいなんですねースプリットは未見でしたが先日までAmazonプライムで視聴可能でしたので急いで視聴。しかしスプリットは2016年の作品なのにその時点でビリー・ミリガンのプロットをそのまま借用とか‥どうなんでしょ(苦笑)。駄作ではないけど‥まあ唯只管、ラストの二つの場面〜ヒロインが性虐待されていた加害者に明確に対決の意思を表す表情(あれだけでその意図を観客にわからせる俳優の演技、演出家の見せ方は確かに凄い素晴らしいですね)、と、この世界がアンブレイカブルと繋がっている事を示す場面(下世話だけどあの1シーンで果たしてブルース・ウィリスのギャラは如何程(^∇^)、この二つの為だけに、そして今作に繋がりを持たせる為に存在する映画、ってことでもまあいいんじゃないかと。

 吹替で観たんですが、博士役の久保田民恵って、TBSアナウンサーの宇野淑子さんとは違う人ですよね???なんかCBSドキュメント、と、深夜の馬鹿力のダメ人間だものが思い浮かんでしまって参りました。

冒頭、バカYouTuberというか犯罪者がケチョンケチョンにボコられる痛快な展開(笑)から、スプリットへと繋がる女性誘拐監禁事件、犯人のケビン〜ビーストを探すダンとの対決。で、早々に警察が2人を逮捕拘束、イライジャの収容されている精神病院へ2人は移送され‥

アンブレイカブルはスーパーヒーローの存在を再構築したものでしたが、今作はそれが実は思い込み、妄想に過ぎないのではないかとの視点で進みます。このあたりまあ押井守作品を想起させますね(没になった押井ルパンはそんな感じだったかな?)。
1人のスーパーヒーロー、2人のヴィラン、と、その家族肉親知人を交えて話は進み、クライマックスになる筈だった舞台は大外しフラグで、実は精神科医がヒーローも悪役も双方とも狩る、抹殺する組織だった事が明かされる大どんでん返し。名前は出て来ないんですね。筒井康隆「七瀬ふたたび」の組織も具体的な名前は出て来なかったよね〜。

TBSラジオドラマ夜のミステリー「クレヤボヤンス」も、予知〜透視能力を持った女性を「組織」が見つけ出して抹殺する、という短編でした。ファイルナンバー60・34‥。

結局3人は抹殺され、でもイライジャが集めた映像が全世界に公開され‥物語は覚醒するであろうスーパーヒーロー達の出現を予感させる、ところで終わります。キャプテン・アメリカを始め、今までコミックで描かれてきたヒーローの死、そして新たなるヒーロー誕生、のラストに涙‥。更なる続編を期待したいところですが、まあそれは観客の脳内での展開にとどめて置くのが吉でしょう(笑)。

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/548-16187c9a
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索