FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/538-acf12e35
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

カメラを止めるな!

カメラを止めるな!

 SNSから火がついた(笑)ほぼ自主制作映画、観たいが遠くの映画館ばかりで
無理かなあと思ってたら評判がどんどん上がってとうとう近くのシネコンでもか
かる事になりました。

 以下ネタバレあり。
冒頭、映画の撮影から始まるのはよくあるパターンですがそれが段々現実になり‥
あ、これ、手持ちハンディ1カットなんだと気づいた頃には最前列で鑑賞していた
のでかなり気持ち悪くなった後でした(泣)。

そして1カットのままエンディング‥あれ?まだ1時間経ってないよな??と少々
混乱していると場面は代わり1ヶ月前のテロップ。

ここから映画のメイキング(笑)、ONE CUT OF THA DEAD、生放送1カットで
ゾンビ映画という無茶な企画を押し付けられ断れない監督、元女優の奥さん、映画
バカの遺伝子を3倍で受け継いだ娘、役作りが鬱陶しいイケメン俳優、事務所事務所
と言って事務所の所為にしていればそれでいいんだ!(by小林克也)「よろしくで〜
す」女優、アル中俳優、等々、一癖も二癖もある(笑)キャストスタッフに囲まれ、
役者はどんどん入れ替わり、でも映画前半の映画はもう完成している訳で、如何に
してこの1カット映画が無事完成に漕ぎつけたかを観客は笑って眺める至福の時間
でした。

前半があって後半それを違うカラーでなぞるのはこりゃ当然モキュメンタリーの原型
食人族ですね〜。

食人族


で、ネットではやたら三谷某のラヂオの時間があげられてるけど俺あの映画大嫌いな
んで(怒)。あんなナレーションで延々繋いでいくのラジオドラマじゃねえし‥当時
正式公開前にラジオドラマを扱ってるってことで苦労して東京国際映画祭のチケット
入手したんだが、周囲は笑ってたけど俺は(怒)、二つ隣のじじいの口が死ぬほど臭
かった記憶しかない(嘘)。

殺したいほど愛されて

 自分が想起したのはこの映画。1984年の映画、もう34年も前ですね。
ダドリー・ムーア、ナスターシャ・キンスキー主演のコメディ。嗚呼この時のナスキン
本当に美しい‥(涙)。
 奥さんが浮気していると思い込んだ指揮者が完全犯罪を計画、見事計画通りに妻を
殺し浮気相手の男に罪をなすりつけ‥というのが実は妄想で、実際は計画からどんどん
どんどんずれて行って滅茶苦茶、でも最後は誤解が解けて夫婦円満、な展開。
当時学生で、新潟の映画館で鑑賞しました。適度な混雑具合で、後半は観客全員で大笑
いしながら楽しんだのをよく覚えてます。
この「カメラをとめるな!」もそんな至福な時間を、本当に久しぶりに味わう事が出来
ました。
前半ホラー、後半コメディ、同じ時間軸を違う視点から‥というのはまあよくあるパターン
ではありますがこれはやはりいいアイディア、評価賞賛すべきものですね。

やっぱり映画っていいよな〜、と今更ながら感じ入った傑作をありがとう(=゚ω゚)ノ
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/538-acf12e35
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。