Entries

新感染/ファイナル・エクスプレス

新感染1

 上映開始からすっかり忘れていて、気づけばもうレイトショーは終わりの
状態、慌てて行って来ました。割と前の席埋まってたので最前列にしたんだ
けど失敗したわいくらなんでも前過ぎ、画面スクリーンあんまり大きくない
のに画面までの距離が近過ぎる〜。

以下ネタバレありです。
新感染2

 予備知識は例によってあんまり無しですが、まあタイトルでテーマ展開は
だいたいわかってしまいますね(笑)。
仕事人間冷徹な投資家が、娘と一緒に地獄めぐりをするうちに人間性、父性を
取り戻す展開。

 列車に乗り込んで来る二人、女性の方がゾンビ菌に感染、ホームレスは逃げて
来たんですね。どうでもいいがこのホームレスが香川照之にしか見えませんで
(笑)いろいろ出てるなあと、いややっぱり違うかあと思いながら鑑賞。

 train to busan

 原題というか英語の題名はこちら、TRAIN TO BUSAN だったんですね。
新感染で、高速鉄道が舞台ってなんちゅうセンスのない邦題だと呆れ(泣)。

 反目し合う非感染者が協力しあって知恵を出し合い、お約束な「ここは俺が!」
の台詞に涙、憎ったらしい非道な経営者に殺意を抱き(笑‥字幕版で鑑賞しまし
たがさて吹替の小山力也氏はどんな憎々しい演技をしてくれたでしょうかね)、
最後は女子供(妊婦)のみが生き残り、歌が彼女たちを救う、涙涙のラストでした。

 いやあ前回観た韓国映画は(スクリーンで)「海にかかる霧」以来だけど、今回
もシンパシーの感じる、いい顔の役者揃いで、これはアングロサクソンの映画では
まだまだ感じられない醍醐味だよなあと(最近アジア系役者も相当増えてはいます
けどね)、満足な時間を過ごせました。

スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/507-849f6ef2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索