Entries

ガラスの仮面展 in 松屋銀座

2017ガラスの仮面展

 もうそろそろ終わりになってしまうギリギリ、しかも日曜日というあまりよくない
日ですが、なんとか時間をとって行って来ました。
本来なら先週平日休み、午前にゆっくり行けた筈なのに〜。
銀座まで電動アシスト自転車でゆったり向かいます。日差しは強いですが風は
涼しく爽やかです、7月の熱中症警報と比べるともう秋の感じが(恥)。

2017ガラスの仮面展入り口

 最近はSNSでの宣伝集客もあり、カメラ撮影OKなイベントも多いんですがさすがに
これは生原稿原画ばかりなので‥場内は撮影禁止です、残念。

 いやーやっぱり生原稿は迫力が違いますね〜。ペンの描線の立体、ベタのムラ、印刷範囲
外の台詞、指定のト書き、ペン試し描きの線(笑)、切り貼り‥見てて本当に飽きません。
途中で美内すずえオリジナルの原稿用紙になったり、また印刷所の原稿用紙になったり、と
行ったところも興味深いところでした。

 途中、お母さんに連れられた男の子が飽きてしまって場内を走り回ってましたが、名前を
聞いたら「カズ君」と答えてくれたかなあと阿呆な妄想をしたりして。

 連載1回目の原稿が全部展示されていましたが、案の定クライマックスの

ガラかめキチガイ

こちらの台詞、写植は文庫版以降のものに替えられた状態でした。当然ギャラリーの多くが
指差して「きちがい‥」と呟いていました(笑)。

 自分も、全部ではありませんが台詞は記憶してるものですからね、二人の王女の生原稿展示
の前で女性二人連れが「おしくらまんじゅう」「次はマラソン」と談笑していて笑いを堪える
のに必死でした。

 でも流石に日曜日のお昼過ぎに行ったので、一枚一枚じっくり生原稿を眺める事が到底
出来なくて‥このあたりは実に残念でした。

 出口、紅天女を演じる投票ボタンは亜弓さんの方を押して(笑‥だってマヤの半分くらい
なんだもんなあ‥)、会場外へ。

 ガラスの仮面展公式ビジュアルブック

公式ビジュアルブックを購入。ちょっと迷って、トートバッグ込みは買いませんでした。

17喫茶月影メニュー
017喫茶月影

 喫茶月影も、うーむ野郎一人で入るには混み過ぎ(泣)、こちらは諦めます。
 グッズも、まあ手土産くらいは購入して、出入り口で撮影して帰路に‥。

紫のバラの人

 デヴィッド・リンチ展もそうですが、やっぱり印刷されたものと、実物とでは
受ける印象が全然違いますよね〜こればかりは本当リアルな体験が実に貴重で
嬉しいイベントでした。次回があるかどうかわかりませんが(泣)、今度は
じっくり鑑賞してみたいものです。

 カラー原稿の美しさには息を呑みましたよー。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/505-c5926e48
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索