Entries

ズートピア

zootopia.jpg

 この映画も、通常ならば観る事も無く‥のはずだったのですが、Twitter他
ネットでの評価がすこぶる高いので、あと、子供とタイミング合わず一緒には
行けなかったので、でも上映は朝〜夕方までしかやってないしなあ‥と思って
いたら大入満員で上映回数が増え、漸くレイトショーでもかかるようになった
ので行って来ました。

以下ネタバレありです。
 冒頭から、普段はあるはずの短編作品が無いところからピクサーの本気具合が
窺い知れます(そうか??)。

 動物がキャラクターとして出て来るストーリーが必ず抱える矛盾点を、最初の
子供の学芸会からいきなり肉薄。肉食動物と草食動物の食物連鎖、弱肉強食な
関係は解消された、世界観から物語は始まります。

 でも、その直後に、弱い兎は狐に虐げられる関係が描かれ、今後の展開に影を
投げるような雰囲気‥あと、まるで血液型占いのように外見から想像される性格
を各キャラが敢えて演じている、といった趣きもあったりして。

 フルメタルジャケットみたいな訓練(いや愛と青春の‥の方か)を経て、首席で
卒業した兎のジュディはズートピアへ行き兎初の女性警官として活躍‥は出来ずに
違法駐車の取り締まりを押し付けられる羽目に。

 動物が大きさや環境によって住み分けられているという世界観も今までありそう
で無かったですね、このあたりも良く練られていて感心しました。ネズミの街は
全部ミニチュアな大きさ、これも後の展開の伏線になってるし。

 namakemono.jpg

 あ、鑑賞したのは吹き替え版でした。自分割とタレント吹き替えに関してはよっぽど
ひどいんじゃなければ寛容な方ですが、上戸彩はまあまあ及第ですかね(偉そうに‥)
いや少なくともスピードレーサーでのヘッタクソな棒読み演技よりは全然マシです(泣)、
上達してます。
相方のニックが森川智之というキャスティングは手堅いというか、脇はプロの上手い声優
に‥という裏方の確固たる意志が感じられました(まるでアマデウスのテレビ放映の時に
役者が大勢出る中で主役のモーツアルトは三ツ矢雄二に演じさせたテレ朝スタッフのよう
に)。

 まあ案の定世間では吹き替え版酷評も多いんですが‥仕方ないんですけど、英語原語と
翻訳吹き替えではニュアンスも異なる訳で‥でも一番わかりやすい例で挙げられていた
ナマケモノのシーン。吹き替え版では、言葉の一つ一つを伸ばしてゆっくり喋るんですが
英語では、普通に発音するんですが間の沈黙が      長い(笑)。こっちの方が
苛々するんだけど吹き替えはそれじゃダメなんですかね。
あ、ナマケモノの名前が「フラッシュ」というのは‥いいのマーベルキャラのギャグ??

 マフィアの大ボスがネズミ、黒幕は虐げられていた羊の副市長、冒頭の芝居がリフレイン
するクライマックス、ヌーディストビーチの動物があけすけにほりだしてるけど人間には
通常の光景としか感じられないギャグ、肉食動物と草食動物はマイノリティーとジェンダー
人種差別問題まで当然内包、暗喩された深い深い世界観になってます。このあたりは本当
有名ホンやがたった一人で適当に書いた(のが大部分だろ)邦画の薄っぺらなシナリオと
違うところ、よく考えられ練られてるのが明瞭。

 鑑賞中から色々パロディな展開も同時に夢想された訳で、帰宅してpixivで検索してみた
らあまりのホモネタの多さに、うーむやっぱりこの映画闇も深い(嘘)‥。

 リピート鑑賞したいところですが、今度は英語版で‥割と上映やってる方ですかねー
探して終わらない内に行ってきます‥。

 
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/472-22a50498
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索