Entries

R.I.P My Brother...

 ブログで報告というのも如何なものかとも思いますが、ご報告させて
いただきます。

 本年1月10日、私の弟であるSuguru Takamatsu (@kurukuru13) が
急逝致しました。胸部大動脈瘤破裂でした。

ed3d155e-ee16-4ae9-851a-d1881d3a68b0.jpg

 16日に通夜、17日に告別式を執り行いました。

 やや高血圧の傾向はあったものの、降圧剤が必要な数値では全く無く、
昨秋の検査結果で尿酸値が高いためその薬だけはのんでいたくらいの状態
でした。

 数日前から背中の痛みがあったようですが、10日朝になって悪化、
自分で救急車を呼んで自宅から循環器の専門病院へ搬送。検査中に病態が
急変し、還らぬ人となりました。

 自分とは一卵性双生児の弟でした。高校生までは共に過ごし、大学は
別々になりましたが以降も同じ趣味を嗜好する「同志」として頻繁に
手紙や電話、メール、SNSで交流を続ける間柄でした。
 自分が独り身の自分は、食事や呑みにもよく行ったものです。

 50年、やはり余りにも短いと言わざるをない年月ですが、今はただ
故人の冥福を祈るばかりです。

 http://d.hatena.ne.jp/hanoyshang/

 こちらが仕事と趣味の報告の当人のブログ。
1月20日頃より突然非公開になってしまいました。いろいろ問い合わせして、記事内に
歌詞の掲載があり、それがJASRACから抗議されて(弟のブログだけではなく、はてなで
製作しているダイアリー、ブログ全部が対象)修正削除に応じないケースは非公開措置に
されてしまっていたようです。

 いろいろ苦労して、本来なら永久封印するつもりだった弟の携帯電話、パソコン、他外部
記憶装置を延々と検索探索ダイヴして、ブログ管理へログイン、なんとか対処出来ました。
ってそのあたりの苦労話はまた別の機会に。

suguru000.jpg


 さびしいよな、分身がいないとな。
 
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/465-a30a3583
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索