Entries

第28回東京国際映画祭〜寺山修司生誕80年

草迷宮国際映画祭

 ファンタスティック映画祭が渋谷パンテオンで開催されていた時期は毎年通って
いました東京国際映画祭、今回寺山修司作品上映があるので、「草迷宮」だけ(笑)
チケットを購入して行って来ました。

 10月23日、新宿バルト9午後10時〜の回。まあこのくらいの時間でないと
とても行けないんですが・・。
良かったところ;やはり大画面で観れるのは感慨もひとしおです、以前見たのはどこかかなり
離れた名画座で、満員立ち見でひどい状態だったからなあ(泣)。DVDでは繰り返し鑑賞して
ましたけど。

画質もかなり良好ですね、以前北米DVDを購入しましたが、それよりさらに綺麗になった
印象を受けました。ところどころノイズが入るのもまあ気にならないレベル。あと、音質も
良かったですね。

悪かったところ;最前列はチケット発売直後から購入不可、案の定誰も座らない。意味不明
だなあ招待席でも無いのに〜。俺は一番前に座りたいんだよ!!

 前方の席、すでに埋まっていた席から一つ空けて予約。予想通り、知人(笑)がその席で
した。開場前に「空いてるけどこの一つ空けた席取るやついるんじゃねえの?」と冗談で
話してたら本当にそこの席に座るやつがいた‥。右横は2つ、左横は4つも空いてるんだけどねえ、
最近本当そんなんばっかですわ(泣)。まあ満席になるだろうから真ん中の席の方がいいと
いう考えなんだろうけど‥。やっぱり俺には理解不能だわ(怒)。

 三上博史の全裸、股間に見事にボカシが‥。?????これ国際映画祭だよな??女性のには
ボカシ入らないのになんでだ??エル・トポもそうだし、意味わからんね全く(怒)。

 映画自体は傑作なので、まあそこは言わずもがなってことで。エルトポやウテナを想起して、って
これが元ネタだよ(泣)。
スポンサーサイト

0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/459-775ea38e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索