Entries

塚本晋也「野火」

facebook.png

 公開から結構経ちましたが、夏休みだなんだでレイトショーのない単館上映形式のこの映画は
なかなか観る機会が無く、本日やっと行けました。
 今日現在、都内は渋谷ユーロスペースと、立川シネマシティの2館。少々迷いましたが、近所に
シネコンが無い時は結構通った立川にもう一度行きたいと思い、ちょっと遠いですが行って来ました。
まあ自宅から渋谷と立川は‥30分弱程度しか差はないので‥前行った時はもっとはるかに時間かかった
ような記憶でしたが?
 渋谷の映画館は狭くて、館内結構空いてるのに狭い臭い煩い思いをした記憶がたくさん
あるので‥って、結局立川シネマもここTWOじゃなくてシティの方なので体裁はほとんど
ミニシアターですね。座席の段差が殆ど無い。

 正午12時45分からの1回上映。9時頃に、最前列全く空いている事を何度か確認して
1列目を予約、よもやここからすぐ近くに席取る阿呆はいるまいと思いましたが‥いました
(怒)。12時30分頃に館内に入り予約の席につくと、右隣1つ空けてひとり。2列目も
殆ど空いてるのにいやだなあ、まあしかし一つ空けてるからいいか、と思っていると左側
1つも空けずに一人どっかり座りこむ。ええ〜〜!??と思って、何で左側全部空いてるの
にわざわざ一つも空けないで取るんだよ!??映画館側もちゃんと説明しろよ、とムカついて
ると、右1つ空いた所にまた座るのが‥‥オイオイオイオイオイオイ(激怒)〜何が悲しゅうて
館内1/3も埋まってない混雑具合で、最前列中央に知り合いでもない男、野郎が4人も
仲良く並ばなきゃいかんのだ!???

 やはりミニシアターの映画館は自分とは本当に相性が悪いようです。つーか立川シネマだから
こっちも普通のシネコンみたいな作りだと思ったのに〜〜まあそれはユーロスペースも同じかね
トホホ。

 つー訳で、まあ左右取り分け騒がしい訳でも無かったんですが、手や足を動かす動作が当然
いちいち視界に入って来て興を削がれる事夥しいです‥チョホホ。

 あー、で、映画の方ですが(笑)、87分とは思えない濃密な壮絶な展開で、すっかり
ぐったりとしてしまった印象でした。まともな戦闘は無く、日本軍兵士が只管彷徨い、消耗し、
時に米軍の圧倒的な力で一方的に殺戮されていく、あとは屍体の山に、仲間割れ。
 冒頭、余りに鮮やかな配色に「あれ、モノクロ調でも無いのか〜?」と違和感を感じましたが
一見のどかな緑の景色の中での悲惨な行軍というコントラストを狙ったと思えばあのカラフル過ぎ
るともいえる風景描写は必要ですかね。
スプラッター、特殊メイク描写もなかなかに、つーか本当に壮絶にすごくて圧倒されました。
執拗にリアルにクローズアップで見せるインパクトではプライベート・ライアンとはベクトルも
違いますが超えた感じ。

 人肉食いといえば「ゆきゆきて、神軍」を想起しますね、あれもフィリピンでしたか。
あと、自分が始終想起していたのは故・坂口尚の「線香花火」でした。晩年ほぼ最後の短編と
いっていい作品、あちらもやはりフィリピンが舞台でした。
 「線香花火」も、所謂敵軍との派手な戦闘シーンは冒頭2ページの歴史的経緯、説明のみで
補給を絶たれた日本軍は壊滅状態、兵士はバラバラに敗走しているところから始まります。

 二人の兵士、日詰一平は頭に銃弾をかすめ傷により記憶喪失、熊田五郎は野戦病院にいた
時に米軍の砲撃を受けて撤退‥。何か展開が似てますね‥おそらく「線香花火」も当然大岡
昇平の作品は参考にしていると思われますのでそれ故でしょうか。

 線香花火1

 日詰の、出征前の芸者「おフジさん」との恋話に縋り付いて死んでいく熊田。
そしておそらくは日詰も日本には帰る事なく‥

 線香花火2

 映画「野火」では、田村は帰国出来ましたが、心は今もあのフィリピンの熱帯雨林の中で燃える
野火を見つめています。
 「線香花火」、「おフジさん」だった老婆は花火の微かな輝きと、夜空に何を見ていたのでしょうか。

 線香花火3

 最後に、こんな巫山戯た戦前回帰したご時世に(そうじゃないと抜かす奴は本当死ねよ)、
太平洋戦争を美化歪曲化する事なく映画実現にこぎつけた塚本晋也監督の心に精一杯の
敬意を込めて。
 みんな、大岡昇平作品はKindleでも読めるから読もうや〜!
スポンサーサイト

2件のコメント

[C399]

長い長い地獄の様な時間だった…。勿論爽快感も痛快感も無いけど、劇場で観られて良かったという想い。

自由席で空いてる時は、荷物を両側に置けばいいんだよ。それでもひるまない阿呆も居るだろうけど。
  • 2015-08-21
  • 投稿者 : くるくる13
  • URL
  • 編集

[C400]

いや自由席じゃないんだよ‥指定なんだよ‥劇場側も無理解なんだろうなあ。それか、ネット予約で混んでないのに間空けないで席取る男の精神構造を想像すると本当に不気味だわ。
  • 2015-08-21
  • 投稿者 : あんまりよう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/451-399c4828
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索