FC2ブログ

Entries

エルム街の悪夢シリーズ

Blu-ray.jpg

 今頃ですが、エルム街の悪夢シリーズ全収録のBlu-ray、エルム街の悪夢 スペシャル・バリューパックを購入しました。
シリーズ最初は映画館、以降TV放送やVHSで何度も繰り返し鑑賞。
2作目は海賊版のビデオ。
3作目は地元場末感に溢れた映画館。
4、5も〜多分映画館で一応鑑賞してる、筈です(笑)。
6と、ラストの1本は今迄未見でした。
ウェスクレイブンの悪夢

 改めて1作目を鑑賞してやっぱり良く出来てるなあと思いました。CG一切無い時代だし、何より低予算のホラー映画ですが1カット毎の監督、スタッフの熱意が迸る画面に痺れます。
「夢の中だから何でもあり」、という設定はこの映画が初めての筈(同時期に「ドリームスケープ」もありますがネタかぶったのは偶然みたいですねwww)、以降ドリームハンター麗夢や、ジョジョの奇妙な冒険第三部の「死神13」等へとアイデアが拝借され今に至る訳です。

 2〜6、まあこれは・・・駄作とは言いたくありませんが正直当時鑑賞したのと同じ感想ですね、1作目と比較すると余りに凡庸し過ぎる。漫画演出のレニー・ハーリンの4ですらルールに縛られて変に抑えられた「水準作」程度。当時はもっとぶっ飛んでると思ったがなー。

 で、ラストのリアルナイトメアに至っては結局劇場公開はしなかったんですね...シリーズ最終作が何という不遇な扱い〜。
 今回初めて見て、冒頭から他と全然違う、緊張感が比べ物にならない傑作でした。

大ヒット映画に「出演してしまった」俳優のその後のジレンマ、シリーズ化の問題点を軸に、映画と映画撮影、スタッフ製作、役者と役柄が混沌としていく展開、当然目新しくはないですが・・・ウェス・クレイヴン監督を筆頭にキャストスタッフが「自身」の役柄で演じるのはスゴいよねー。

 ジョニー・デップが出演していればもっとスゴいよねーというツッコミは・・ER緊急救命室も、結局ジョージ・クルーニーは再登場しなかったからなあと訳のわからん言い訳を(降板してすぐは再出演したけどね)。

 そして、期待通りクライマックスは夢と現実が反転。この展開をAmazonレビューで叩いている人もいましたが、いやそりゃあ「ここまで来て脱構築とかポストモダンとかやらかしたらギャグだろ」ですので・・・。

 1作目の描写をなぞる展開は嬉しかったです。ムカデ、うなぎ、天井を引きずられる、階段にめりこむ足・・嗚呼♬

 そして、これも予想とおり取り敢えずフレッド・クルーガーをモチーフにした邪悪な存在はいったん退散・・でも本当に終わり??なラスト。

 まあ結局エルム街の悪夢シリーズはこれで本当に終わってしまった訳ですが(泣)。

 あと、気になった点がひとつ。リアルのウェス・クレイヴンは夢から天啓を受けて自動書記みたいなシナリオの書き方は。。。しないよねえ??リンチかクローネンバーグか?まああれは映画内だけという事で・・。

2〜5までは早送りの誘惑と眠気を必死に抑え乍らの鑑賞でしたが(笑)、1作目とファイナルは思わず身を乗り出して鑑賞してしまいましたよ。今頃ですがお薦めれす〜。

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/421-087f4aa2
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索