FC2ブログ

Entries

脳男

img_381383_66259756_1.jpeg

映画公開2日目、連休の真ん中日曜日にレイトショーで観てきました。

以下ネタバレありです〜。
ポイントがたまっていたのでシネコンに行ってから招待券に引き換え、受付で何時もの
最前列を選択、ここで何も言われなかったのでトイレにゆっくり寄って館内入ったら、
もう始まってました(泣)。まあ恐らく2〜3分も遅れてないと思うけど〜〜しくった
ぜ〜。

原作は文庫で読みました、発表は2000年、もう13年も昔の小説ですね。日本を
舞台にしたダークヒーローの誕生奇譚に当時ワクワクしつつ読んだものです。

あ、あと小説内であった、山奥で寒いときは固形燃料を飲むってのはどうやら本当に
嘘のようですよ(笑)。

外薗昌也センセのコミカライズは原作に忠実な展開(オープニングは容疑者のアジトに
踏み込む茶屋と警官隊)ですが、映画は被害者を拷問するシーンから始まる..んです
よね?どのくらい見逃したのか不明ですが。

舌を切り取られ、爆弾を括り付けられ、意識朦朧とした占い師が路線バスに乗り込む
場面と、鷲谷真梨子がバスにすんでの所で乗り遅れる場面が交錯、爆発からふらふらと
出てくる子供(帽子が飛んでない??まあこれは判りやすさ優先つー事で、本当は腕が
もげる描写とかも欲しかったがR−18になっちまう(笑)。

アメコミのヒーローの系譜を忠実に..という事ならここは爆弾魔の緑川紀子の「起源」
を描くべき(アンブレイカブルのようにね)かもしれませんが、まあ悪役から登場の
型は守られたので…。

原作では爆弾犯人は男ですが映画では女二人に変更、他もかなりの変更がありますが
どれも成功しているのではないかと。鈴木一郎誕生のシークエンスも、ウォッチメンの
ロールシャッハ誕生と被って(あれも映画ではかなり短縮リ・アレンジされてました)
面白くなっていたのではないかと思います。

一番の変更で感心したのはやはり鷲谷真梨子ですね、母親はあんなだし、肉親を殺した
加害者を親身になって治療したつもりが全く何の役にも立ってなかった最悪な結果、そ
の報道を見てまた母親が無責任に言う台詞が更に真梨子の心を破壊します…酷過ぎる(笑)。

予告でも使われていた、キング・クリムゾンの「21世紀の精神異常者」、あざといけど
いいわーこーゆーのは(笑)。
指し手の顔、6年間積ん読でしたがやっと取りかかれそうです。

15230469.png

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/395-34168cbd
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索