FC2ブログ

Entries

冷たい熱帯魚

gennsann.jpg

映画秘宝の記事と、ツイッターで評価されてたので休みの日に新宿まで出掛けて来ました。
前売り券は、チケットショップオープンでは間に合わないのでいろいろ調べ、結局e+という
ネットサービスを利用。テアトル共通券をネットで購入申し込み、近くのセブンイレブンで
レジで申し込み番号を告げて購入というシステムでした。1500円で手数料かからないの
で便利です(宣伝か)。

テアトル新宿は‥結構行ったなあ‥最初はバートン・フィンクだったかな?その後はイワモト
ケンチの映画も此処だったし、北野武ビートたけしの映画も此処だったような‥。
最前列に座らないとまずまともに鑑賞出来ないミニシアター(でも比較的場内画面は大きい
方か?)、最後に観たのは人狼でしたか‥もう来る事もないと思ってましたが。

以下、映画内容に関してネタばれです。
殺人/猟奇事件好き、切株派としては興味ある元の事件に関する文章は
随分読みました。志麻 永幸「愛犬家連続殺人」は本屋の新刊コーナーで
見つけ、ソッコーで購入(笑)。えーと今角川文庫でこのタイトルですけ
ど最初はソフトカバーでタイトルも「共犯者」でした。

特に原作とは謳ってませんが、細部かなりこの本が下敷きになってますね。
まあ原作つーか事件の経過を記したんだがら当たり前か‥。

アフリカケンネル→アマゾンゴールド
栄養ドリンクに混ぜた毒(ストリキニーネという名前は出てこなかったが)、
検問を直前で回避→ポリの車をまく、
ボデーを透明に、
バスクリンに珈琲、生首見せて脅す
‥脂で切れなくなった刃物を研ぐように命令する、は無かったな。
うちの地元にも、アマゾンって名前の熱帯魚店あったなあ(笑)。

映画は、二つの遺体を透明にするところから完全に虚構へと突入、血塗れ
スプラッター描写が更にエスカレート。ボールペンではなかなか致命傷には
ならないところがリアルでした。

冒頭から緊張感溢れる画面構築、いきなり出てくる芦川くんに渡辺哲で自然と
北野武バイオレンス映画の空気が‥‥。
応接室でのでんでんと神楽坂恵のやり取りは映画的魔術な展開でした、エロい
し(笑)。あの辺の流れの見事さが凡百の~~失笑するしかない例えば某広川
隆一(名前違うかもしんないけどいいや面倒だから)演出との絶対的差だよな。

アマゾンゴールド店員のコスチューム(すみませんフーターズまんまだよね、と
言わせてくださいwww)、あれだけで原作で匂わされてた「女の従業員全員社長
のお手つき」を見事に表現してました。

あ、そうだ、諏訪太朗の「遺品」であり、実際の事件(原作と書くなってww)では
唯一の物的証拠になった時計はその後全然関係なくなってしまいましたね、ミス
リードにちょっと悔しい思いを(嘘)。

改めて、日本の役者の層の厚さを感じ入った映画でもありました。テレビはなあ‥
あんなんドラマでもなんでも‥。黒沢あすか、声の変わりようがスゲー。

平日1回目、前日はサービスデーで相当混雑したようですが前のブロックはかなり
空きがありましたよ。中央最前列は自分含め3人(なんで端から埋まる?)、1人
は途中で退場したようですが(泣)。快適に観れて良かったです。所謂ミニシアター
でもあのくらいの座席とスクリーンの大きさならなあ‥それに比べて渋谷のあそこ
は‥(泣)。

2011-02-04 02-22-48

ちょっと重箱の隅。元の事件はどうだったか忘れてしまったが、流石に人間の遺体を
血塗れで処理するのにマスクもグローブもないのはどうかと‥感染するよ~~。
スポンサーサイト



4件のコメント

[C277]

暴力団連中にどう対処するのかと思ったら、まさか泣き落としとはw
  • 2011-02-05
  • 投稿者 : くるくる13
  • URL
  • 編集

[C278]

あの場面での渡辺哲の白マフラーには笑った♬恫喝罵声、打ち合わせ通りの立て板に痰もとい水の台詞、レズプレイ、泣き落としと気が狂った演出です。
関係ないけど渡辺哲そっくりの客と、映画の帰りに数年ぶりに
すれ違ったよ(笑)「俺はエスプレッソ頼んだのにコーヒーが
出てくんだよ、怒ったよ」……さぞかし怖かったろう(泣)
  • 2011-02-06
  • 投稿者 : あんまりよう
  • URL
  • 編集

[C281]

不満なのはやっぱラスト近くの展開。アクション映画に陥りかけてるんだよなあ。殴られて瞬時に気絶する娘とかwまあコメディなんだけどさ。
  • 2011-02-14
  • 投稿者 : くるくる13
  • URL
  • 編集

[C282]

いやあそこであんなコントまがいな演出されてもなあ‥あれは失笑です‥最後までリアリティガチガチでいって欲しかったよ
  • 2011-02-14
  • 投稿者 : あんまりよう
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/373-6c57427c
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索