FC2ブログ

Entries

第9地区

district901.jpg

休みを利用して、ちょっと久し振りに映画を観て来ました。
そういえば前回観たシャーロック・ホームズは感想記さなかったなあ(泣)…いや
面白かったんだけど。
以下ネタバレありです。
本国公開は昨年8月。‥新人監督とはいえそれなりにヒットして
ピーター・ジャクソンがプロデュースなのに公開遅過ぎるよな…
昨年町山blogでちょっと紹介してて、でもすっかり忘れてたのは
逆に良かったか(TVシリーズだとずっと誤った記憶でした)。

雨の所為で時間遅れ、シャッター・アイランドが滅茶混みでチケット
売り場混雑で冒頭数分を見逃してしまいました(号泣)…巨大
宇宙船に穴を開けて中に難民宇宙人が倒れているシーンくらいから
漸く…。

暫し、ニュース映像やインタビュー等でドキュメンタリータッチに
物語は展開、立ち退き強制執行あたりから段々に通常フィクション
映画の要素が少しづつ入って映画の作風が変化していきます。

嗚呼、ここにもやはり食人族の発展進化形態が(笑)…途中から
フィクションになっていくというと「ラスト・ブロードキャスト」
(邦題:ジャージーデビル・プロジェクト)ですね。

物語はそこから更に作風を変え(笑)、小役人然とした社長の娘婿
気弱なマスオさんそこそこ差別意識あり、が陰謀に巻き込まれていく
サスペンスな展開に。
エイリアンが20年以上かけて集めた黒い液体を浴びて身体に異変が
…で、液体使って地球全人類生物をエイリアン化の策略??と思った
らさにあらず、人類とエイリアンの中間の存在になってしまったヴィカス
(デビルマン?寄生獣か?)が追われる側に。あわや解剖というところ
で自力で脱出、追いつめられたヴィカスとクリストファーはウェス・
クレイブンの往年の傑作ホラーのように逆襲に転じる痛快さ。
パワードスーツ起動、銃弾を空中で固めて止めて撃ち返すシーンは
心が…震えました。

パワードスーツが完全に沈黙するまでの執拗な戦闘(ボトムズか?)、
母船に帰る小型艇(嗚呼、トラクタービーム…嗚呼、一緒に舞い上がる
破片に岩…もちろん収納後は牽引が切れて降ってきます…共通のSF
マインドに涙が出ました)。

大佐の首をねじ切るシーンは遠景じゃなくてもっと残虐に描写して
欲しかったです(泣)。

そしてラスト。瓦礫の中のゴールデンリング。もといフィッシャー・
キングでもあった描写ですね…完全にエイリアン形態になったヴィカス、
でもまだ奥さんの事を…嗚呼ここでも号泣です…。

とゆー訳で早くも今年ベスト1決定か??何かあんまり客入ってない
感じだけど真に価値あるものこそヒットして欲しいよね。

みんな観れ!!



こちらは同監督の短編フィルム。これを元に長編映画化とゆー訳です。
スポンサーサイト



2件のコメント

[C268]

俺は「デビルマン」「寄生獣」よりも前に、「地獄先生ぬ~べ~」を思い出したよw 共通してるのは、変身前はヘタレ、変身後に漢になるという展開。この映画は変身ものでもあるんだな。
  • 2010-04-21
  • 投稿者 : くるくる
  • URL
  • 編集

[C269]

ぬ~べ~は読んで/見てないよ…
武装をパワーアップさせていく展開は鉄男の影響も
あるかなあと…あれも気弱なトモロヲが…な流れ
だなwww
  • 2010-04-22
  • 投稿者 : あまりとなえ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/361-57194315
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索