FC2ブログ

Entries

コララインとボタンの魔女・3D

coralinetop.jpg

漸くレイトショーのタイムテーブルが間に合う時間になったので極寒wwwの中
自転車で近くのシネコンに行って来ましたよ。
(以下ネタバレあり‥)
coraline02.jpg

上映は吹替え版で。一部タレントも出てますがほぼ問題ないレベル。
3D眼鏡については係員や場内アナウンスでしつこく取り扱い注意が…って多分壊すヤツ
多発してんだろうなあ(笑)、重いし。

不安感をかきたてるOPタイトルから、いきなり人間に見えない住人がアパートの2階でストレッチ
する冒頭。ヒロインは北野武画伯が描く人物画みたいに顔のパーツずれてるし、父親はとんでも
ない前頭位、大家の孫は背虫か?ってくらい姿勢悪いし、奇形フリークナイズなキャラクターが
跳梁跋扈するナイスな展開。

にしても、真夜中にネズミに導かれて本当はない筈の通り道を抜けて別世界へ…って、往年の
名作サンリオの「くるみ割り人形」まんまだなあ…とちょっとびっくり。あっちは仕掛け時計の
中を通って…だったけど(なのでこの映画の壁の通路をいくシーンの音楽はちょっと不満…もう
すこし不気味で居心地悪いのがいい…。くるみ割りは寺山修司作詞の気持ち悪い歌だったからね)

まあ別世界へ入って行く…という展開だと、トンネルをくぐり抜けて…というのは「後宮小説」や
「夢の木坂分岐点」とかと同じく、通底した表現なのだろうなと思いました。ありがちだが分かり
易い。

大量発生したナメクジを手で潰すとか、うるしでかぶれた手を掻くとか、ゲロみたいな食事とか
最後はレモネードとピザ~???とか、猫の毛がコマ撮り特有の妙なバラけた動きをしていたと
か(ウィリス・オブライエンへのオマージュ?逆立って動いてたのは最初登場したシーンくらい
だったような…)、白内障で濁った目とか、あの老婆2姉妹はもっとスカトロ描写したかった
気持ちがひしひしと伝わってきたとか(妄想です…)、細部で病的な要素が随所にちりばめられ
ていたのも中々見応えありました。ラストは魔女の存在をもう少し感じさせてくれても良かった
かなあと。アパートメントが一瞬ブワッと膨らむとか(そりゃ違う小説じゃ)www

ああそうだ、昔のSFX時代(特撮~CGの狭間)で時々見られた、コマ撮りのずれで動きが妙に
感じる、というカットが結構あってそれがちょっと気になりました…まああれもわざとやった
感はあるけども。

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/357-ad79aa81
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索