FC2ブログ

Entries

女立喰師列伝~ケツネコロッケのお銀 パレスチナ死闘編

 という訳で本編を見終えたので漸く月刊リュウ付録の
DVDを見れます。

20060925000347.jpg

 前半はドキュメンタリーを模した展開。
映画本編ではCGを用いて画面構成を(ほぼ)完全にコントロール下におけるが、予算も時間もかけないかけられないこのムービーでは逆にそれを利用してハンディカメラで素人を淡々と撮影し続けていく。主人公のライター(大塚ギチ)は画面内ではまったく喋らず、延々食べ続けるのみ。
 昔、故・久世光彦が「演技のできない役者は何か食べさせろ」と仰ったそうだが(BYテレビの泉in昔のスタヂオヴォイス)演出法としては王道なのか?

 その後、パレスチナに入った主人公が案内された廃墟から画面は一転してフィクションに突入。キャラクターは歌舞伎のような歩きをし、壁には凡そあり得ない類のポスター、お銀さんはゲリラと思えない美貌で座している…。全てが虚構、様式に彩られた配置。
 そして、すべてが幻であったかのようなラスト。

 …にしても、本人であれば年齢が合わない…実は娘が…ってのは攻殻機動隊S.A.Cであったような……。

 カントクはこの後もちゃんと映画1本撮りたいそうなので…でもその前にまた相当時間かけてアニメーションの流れを変えるような傑作を…作るんだろうなあ…多分…犬と遊ぶ合間に。

スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

1件のトラックバック

[T2] 女立喰師列伝 ケツネコロッケのお銀-パレスチナ死闘篇-

「イノセンス」を監督した押井守が手掛けた伝説の立喰師に迫る衝撃の大作!映画「立喰師列伝」のスピンアウト作品「女立喰師列伝」は押井守監督のライフワークである立喰師に迫った作品。
トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/33-9666bec4
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索