FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C179]

気持ちは判りますが感情思い入れが強過ぎて物語の流れが到底理解出来ません笑この本の作用で背の高い髪の長い姉ちゃんばかり眼に入りますブランク挟みながら未だにそうです嗚呼………………(-_-;)
  • 2009-06-16
  • 投稿者 : くるくる
  • URL
  • 編集

[C180] ロボットと動物

ストーリー紹介代わりにもくじをそのまんま
載せてみたんだが(笑)…
本文で記し忘れたが(バカ)ヒストリの絵を
描いてたひとのサイトは4月以降消滅してし
まひました…検索し直しても旧サイトしか出て
きません…掲示板もたしかあったから連絡くらい
しておくべきだったなあ…。
  • 2009-06-16
  • 投稿者 : あんまりよう
  • URL
  • 編集

[C324] 懐かしい

小学生の頃、夏休み中、入り浸っていた市の図書館で読みました。ヒストリが主人公に警告するラストが好きで、ブログ主さんのヒストリに萌える気持ち大変よくわかります。
私も古書関連で探してますがなかなか見つかりませんね。
  • 2013-11-18
  • 投稿者 : しんぞー
  • URL
  • 編集

[C325]

>しんぞー様
コメントありがとうございます。
リアルワールドではついぞ同志とは巡り会えませなんだが
ネットではこれで…ええと4人目ですかね(泣)。
古書ではまず出ないシリーズですねー。何で当時何冊も
買っておこうという発想が無かったのか悔やまれます。
  • 2013-11-18
  • 投稿者 : あんまりよう
  • URL
  • 編集

[C347]

伊東章夫で画像検索をかけたら、こちらのサイトにヒットしました。自分もヒストリさんが初恋の人ですよ。謎めいた登場から、悲劇的な最後まで小学校低学年だった自分には何とも言えないもやもやとした物を覚えましたwとうじの自分にはヒストリーなんて言葉は良く分からなかったので、ヒステリーだと思っていました。それも良くは分かってなかったのですがwwTVで見るヒステリーママ等とは違うな~とか漠然と思っていたような気がします。数年前にまんだらげで少し高かったのですが買ってしまいましたよ。世の中には自分以外にもヒストリ萌えな方が少なからず居る事を知れて嬉しかったです。
  • 2014-04-30
  • 投稿者 : K.tadashi
  • URL
  • 編集

[C348]

> K.tadashi様
コメントありがとうございます。お、また賛同者、同志が。
自分も当時ヒストリーの意味を知らず、でしたwww
まんだらけで取り扱ってたんですね〜科学、学習漫画は学研のは結構ありますがこのシリーズは本当マイナーなので貴重ですね!
  • 2014-04-30
  • 投稿者 : あんまりよう
  • URL
  • 編集

[C418]

はじめまして。
K.Tadashiさん同様に伊東章夫で検索してたどりつきました。

伊東章夫先生のマンガを初めて読んだのは学研の「日本の歴史」1巻でした。
あの当時はすでに少年漫画をはじめとするいろいろなジャンルのマンガや
アニメをみる小学生でしたが学研の「日本の歴史」での伊東章夫先生の画風に
私はすっかり魅了されました。

シンプルなのにキャラが立っている。
そして同じような顔なのにしっかり見わけがつく。
そして地味なのに女子がカワイイ。

こちらで紹介されている作品は存じませんが、あんまりょう様に共感いたします。
この惜しみなく露出する膝小僧の美少女、萌えますよね。
  • 2018-09-29
  • 投稿者 : 0048
  • URL
  • 編集

[C419]

>0048様 
コメントありがとうございます。
伊藤章夫の画風、一部(笑)では手塚治虫パクったとか陰口叩いている意見もあるようですが(そうかあ〜??)手塚治虫の影響を受けない漫画家は時代的に存在しないだろとは思います。同じキャラが違う役柄ででるスターシステムを真似たって言うんならまた別ですが(笑)。描かれる女の子の可愛さ美しさを共有できる方がいる事には感動を覚えます。
  • 2018-09-29
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/310-c093aa61
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

はじめはじめ物語⑤ 伊東章夫「手と足」

HAND and FOOT TITLE

こちらも、漸く原本に触れる事が出来たので改めて紹介。…ちょっち前に
記したのと出版年月日ちょいと齟齬出てるけどまあ勘弁(笑)。
contents.jpg

ストーリーは前述のとおり。当時小学生だった自分は板とパイプの階段を
机と椅子代わりにして勉強したりマンガ読んだり
マンガ描いたりでした。
今でも、この本を読んでいた1時間弱の刹那は夢の時間です。

history01.jpg

思えばこれがはじめてのキャラ萌え、だったのかな?まあ今現在見てもこの
絵柄の美少女に何人のひとが萌え共感してくれるかは甚だ疑問では
ありますが(泣)。
…未だに自分はこの絵に到達出来ないなあ…一生無理だろうなあ…。

kyuu.jpg

本田睨は、このはじめはじめ物語/科学まんがシリーズの3冊も原作を担当して
います。そのどれもが、居場所のない主人公が特異な存在に導かれて別世界へ
旅立ち、冒険をして学び、成長していくというもの。

only 2-milion -years

別記事でリンク張らせて頂いたサイトで紹介していましたが、それ読むまで
2コマ目の「たったの2億年!」は球の台詞だと思ってました(今でも思って
ますwww)。なので、ヒストリが「2億年進んだだけなのね」と言ったのに
???とずっと疑問に思ってました(今でも思ってますwww)。

tsundere-q.jpg

で、雨にうたれた球は風邪をひいてしまいすっかりノイローゼに。
…前記事でヒストリはツンデレ云々と記したけど、これって明らかに球の方が
ツンデレだよね(笑)。

yapparitundereq.jpg

つーか男の子が好きな娘に冷たく、って展開は当たり前か???

monkeywars-panorama.jpg

このページにはヒストリはいないんだけど(笑)見事なパノラマ1コマだったので
うpしました。当時模写トレスしたなあ…。

culture is it

長いながい旅を終えて、球は現代の博物館へ帰還。
そして、ヒストリに導かれて地球を離れ、別のある惑星へ…。

moseplanet.jpg

そこはモーゼ星。すでに文明は崩壊し、廃墟と化した都市が横たわるのみ。

mose is destroy

history,she is---

FINAL.jpg

ラスト8ページは全うpしてみました。
この画像ではわかりにくいと思いますが、2つめの「たしかに愚かだったと
思います」と呟くヒストリの口元にかすれ線が…これは多分下書きが十分
消えてない口の線ではないかと(泣)。

SAKUSHA.jpg

前回「男と女」と同じく、現住所の記されたプロフィール。このとき、既に
伊東章夫センセイは40歳ですね。
そして、ほぼ間をあけずして毎日小学生新聞の「コンコン物語」へと続いていく
訳なのでした。

OSIMAI.jpg

という訳でこれも繰り返しになりますが全5冊、このシリーズは途中で終わって
しまいました。続刊が果たしてどこまで企画進んでいたのか?原作.漫画家くらい
は決まっていたのか?執筆まで実は終わってたかも?…永遠にわからない謎ですね(泣)。

スポンサーサイト

8件のコメント

[C179]

気持ちは判りますが感情思い入れが強過ぎて物語の流れが到底理解出来ません笑この本の作用で背の高い髪の長い姉ちゃんばかり眼に入りますブランク挟みながら未だにそうです嗚呼………………(-_-;)
  • 2009-06-16
  • 投稿者 : くるくる
  • URL
  • 編集

[C180] ロボットと動物

ストーリー紹介代わりにもくじをそのまんま
載せてみたんだが(笑)…
本文で記し忘れたが(バカ)ヒストリの絵を
描いてたひとのサイトは4月以降消滅してし
まひました…検索し直しても旧サイトしか出て
きません…掲示板もたしかあったから連絡くらい
しておくべきだったなあ…。
  • 2009-06-16
  • 投稿者 : あんまりよう
  • URL
  • 編集

[C324] 懐かしい

小学生の頃、夏休み中、入り浸っていた市の図書館で読みました。ヒストリが主人公に警告するラストが好きで、ブログ主さんのヒストリに萌える気持ち大変よくわかります。
私も古書関連で探してますがなかなか見つかりませんね。
  • 2013-11-18
  • 投稿者 : しんぞー
  • URL
  • 編集

[C325]

>しんぞー様
コメントありがとうございます。
リアルワールドではついぞ同志とは巡り会えませなんだが
ネットではこれで…ええと4人目ですかね(泣)。
古書ではまず出ないシリーズですねー。何で当時何冊も
買っておこうという発想が無かったのか悔やまれます。
  • 2013-11-18
  • 投稿者 : あんまりよう
  • URL
  • 編集

[C347]

伊東章夫で画像検索をかけたら、こちらのサイトにヒットしました。自分もヒストリさんが初恋の人ですよ。謎めいた登場から、悲劇的な最後まで小学校低学年だった自分には何とも言えないもやもやとした物を覚えましたwとうじの自分にはヒストリーなんて言葉は良く分からなかったので、ヒステリーだと思っていました。それも良くは分かってなかったのですがwwTVで見るヒステリーママ等とは違うな~とか漠然と思っていたような気がします。数年前にまんだらげで少し高かったのですが買ってしまいましたよ。世の中には自分以外にもヒストリ萌えな方が少なからず居る事を知れて嬉しかったです。
  • 2014-04-30
  • 投稿者 : K.tadashi
  • URL
  • 編集

[C348]

> K.tadashi様
コメントありがとうございます。お、また賛同者、同志が。
自分も当時ヒストリーの意味を知らず、でしたwww
まんだらけで取り扱ってたんですね〜科学、学習漫画は学研のは結構ありますがこのシリーズは本当マイナーなので貴重ですね!
  • 2014-04-30
  • 投稿者 : あんまりよう
  • URL
  • 編集

[C418]

はじめまして。
K.Tadashiさん同様に伊東章夫で検索してたどりつきました。

伊東章夫先生のマンガを初めて読んだのは学研の「日本の歴史」1巻でした。
あの当時はすでに少年漫画をはじめとするいろいろなジャンルのマンガや
アニメをみる小学生でしたが学研の「日本の歴史」での伊東章夫先生の画風に
私はすっかり魅了されました。

シンプルなのにキャラが立っている。
そして同じような顔なのにしっかり見わけがつく。
そして地味なのに女子がカワイイ。

こちらで紹介されている作品は存じませんが、あんまりょう様に共感いたします。
この惜しみなく露出する膝小僧の美少女、萌えますよね。
  • 2018-09-29
  • 投稿者 : 0048
  • URL
  • 編集

[C419]

>0048様 
コメントありがとうございます。
伊藤章夫の画風、一部(笑)では手塚治虫パクったとか陰口叩いている意見もあるようですが(そうかあ〜??)手塚治虫の影響を受けない漫画家は時代的に存在しないだろとは思います。同じキャラが違う役柄ででるスターシステムを真似たって言うんならまた別ですが(笑)。描かれる女の子の可愛さ美しさを共有できる方がいる事には感動を覚えます。
  • 2018-09-29
  • 投稿者 :
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/310-c093aa61
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。