FC2ブログ

Entries

ウォッチメン

08081013.jpg

今日4月2日、公開1週目にいつもの近くのシネコンで観て来ました。
1時間前には水分補給停止、上映直前までトイレで…でも1時間くらい
経って…いや結局中座しませんでしたけどね。まあそれほど辛くもなく
って何の話だ(泣)。
以下ネタばれあり注意です。
冒頭から原作コミックとほぼ同じ展開、いや原作では既にブレイクが殺害
されて警察が来た段階からはじまるから既に違ってるか、時間軸に沿って
ブレイクがヴェイトに惨殺される様をリアルに血もたっぷり‥ってこれも
原作と些か異なるな。
スプラッター&セックス描写は原作の3割増byウェイン町山ですから(笑)。

OPタイトルバック、60年代から舞台になる85年までのアメリカの史実
とスーパーヒーロー達の活躍が交錯して描写されていくショットに十二分に
引き込まれる。スローモーションに人工着色的カラーにモノクロ、虚構と
史実が混沌綯い交ぜになったイメージに圧倒。ケネディ暗殺のシーンをその
まま再現(しかも暗殺者はコメディアン!)とか、ファクトリーでウォー
ホルとカポーティーが並んでシルクスクリーンを眺めてるとか、カストロ
とか~

展開が進むにつれ、原作に忠実だったストーリーは段々に枝葉サイド
ストーリーが削られていく事になるが、これはまあまず気にはならない。
海賊やNY路上のスタンドにたむろする連中が殆ど出てこないのは残念だけ
どね。
(※追記:海賊漫画は、DVDで3時間バージョンにアニメで収録構成に
なるとの事でした。7月くらいにはもう出るかな?)

ベトナム戦争に参加してベトコンを皆殺しにするDr.マンハッタン(ここの
殺戮描写も当然原作以上、BGMはワルキューレの騎行だし)、博士の
異常な愛情のセットをそのまま模した司令室、ブレードランナーのヴァン
ゲリスそっくりなBGM、ヴェイトのモニターにうつるリドリー・スコット
のAppleのCM、嗚呼80年代。

にしても、R-15にするといくらCGとはいえ性器モロだしのDr.マンハッタン
とか、どんな体位で接合してるのかはっきりわかる生々しいセックスシーン
とかもOKな訳か?
ほんの10年くらい前は、SE7ENでのダミーつくりものBYロブ・ボッティン
肥満体の死体にボカシとか、奇跡の海のセックスシーン1カットの所為で成人
指定くらったりしてたのにね。

08081004.jpg

マリン・アッカーマン(この名前も激しく既視感&思い出し笑いを誘うよな。
さっ、ねーちゃん。いい汗かこうや!!)、この女優も知りませんでしたが
(そもそもキャスティング殆ど誰も自分は知りませんでした…恥。左翼系メディア
記者のダグ・ロス(ERか!?)は他のキャラ同様原作と似て蝶で笑いました‥
つーか往年のドナルド・サザーランドに似てるよね、赤い影の頃の)
ハリウッド女優とは思えないボテボテ体型に激しく萌え(泣)…いや特に
ラストの、母親と和解する場面なんかまるでタカスギコウの漫画キャラかと
思ったもん。

2650768_m.jpg

ロールシャッハ誕生のエピソード、この辺はちょっと端折り過ぎ急ぎ過ぎなんだ
けど…あれ分けて展開させると黒人医師の生活~スタンド新聞売りも…って事に
なってしまうから削除したんだろうな、これは仕方ないです~原作では少女誘拐
殺人の鬼畜はマッドマックスのラストな末路なんですが、映画ではロールシャッハ
自身が(二匹の犬と同様)頭を叩き割って惨殺。
その後の刑務所での冷徹に淡々と復讐者を返り討ちにしていく展開と繋がって
ロールシャッハの壊れた様を堪能できました。
嗚呼、マイヒーロー 
「たとえ世界が滅んでも絶対に妥協はしない」
「世界中でたとえたった一人でも、ノーならノーと言い続けろ。本当の戦士に
なれ!」
嗚呼、自分は無理です、ブランコ……。

ビッグ・フィギュアの取り巻きの二人を易々と片付けるところは原作は特に
神展開なんですがちょっと曲芸テイストではあるのよね、映画はそのあたり
割合自然な流れに消化出来てました。
原作では鉄格子をトーチで焼き切るのに邪魔だから首の頸動脈を切って殺し
てから…なんだけど、映画では挟まった両腕そのものを見事に切断…今時
あんな切り株描写が見れるとは…ありがたいありがたい(笑)。

核戦争を直前で食い止める陰謀、原作では外宇宙生命体の侵略とされるんですが
映画ではDr.マンハッタンが画策した事に変わってます。このあたりも賛否わかれ
るところなんだろうけど…いや自分はイカも悪くないと思いますよ?

以前予想したニューフロンティアマンはラストにやっと出てくるだけでした(泣)。
会社と看板は途中で出てきたかな?
シーモアは原作では知的障害っぽかったけど映画は肥満体のホワイトトラッシュな
…これもジャック・ブラックに似てるなあと思ったんだが…スクール・オブ・ロック
とかの。

えー以上ダラダラと書き連ねてみましたが、総じて自分は大満足な出来でした。
元ネタを全部詳細に解説したガイドブックとか出して欲しいなあと切望。
新訳版は以前の解説バッサリ切っちゃったし。

では今年中に出るであろう柳下翻訳のFROM HELLを心より待ち詫びつつ。

スポンサーサイト



3件のコメント

[C145]

いや~凄かったなぁ。
あんな濃密な映画、何以来だろう。
スーパーヒーロー達を撮影するのが、ウィージー(ジョーペシ)、
コメディアンの葉巻はコィーバだったね(共産主義国家のキューバ産)。

ラストは【ジャイアントロボ地球が静止する日】を思い出したよ。

ロールシャックの手帳、売店にあったから後で買いに行こう。
  • 2009-04-05
  • 投稿者 : くるくる
  • URL
  • 編集

[C146] 忘れないだろうな

えージョー・ペシ出てたのか??
オフィシャルガイド今日読んだ。思ったよりCGに
頼らずに実際のセットやスタント(刑務所での
半裸の看守が放火されるショットは長編映画では
初のスタントだそうです)を多用していることに
感動。

http://twitetta.blog39.fc2.com/blog-entry-551.html

こちらのBLOG記事を読むと、映画をまともに観ない内
からけなしたい為だけにけなすお馬鹿が如何に浅はかか
わかるよ。
完全版は3時間じゃなくて4時間???
  • 2009-04-05
  • 投稿者 : あんまりよう
  • URL
  • 編集

[C147]

いやいやジョーペシ本人じゃ無いよ(笑)
しかし見事なまでに今風の美人、出てなかったなぁ、60年代なのかな?

静止画じゃ無いオープニングに( ̄▽ ̄)
  • 2009-04-05
  • 投稿者 : くるくる
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/290-caa828ac
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索