FC2ブログ

Entries

金魚屋古書店・6巻

KINGYOYA.jpg


出納帳から続いたこのシリーズもはや6巻。この漫画のお陰で
漫画を読む事に対する関するある種の罪悪感が些か払拭され、
かつ「面白い漫画は無限に存在する」という認識を今更乍ら
痛感…つーか解脱/いや堕落か?(笑)
まあ、このような正当な、まっとうな漫画読むことで
あんまりにもオタクな自分に対するエクスキューズになってるのでは
ないかという迷いもあるんだけどね。
つーかこの漫画を書店で買うときって、決まって典型的な体型顔つきの
おたくの男が、所謂萌えな(自分は決して読まないであろう種類の漫画…
いや軽蔑してる訳ではないが読む必要がないっつーか意味ないっつーか
)漫画単行本と込みでレジに持ってくところに遭遇するものだから(泣)。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/192-707643ee
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索