FC2ブログ

Entries

白の協奏曲

41J3qjnFr+L._SS500_.jpg


 山田正紀の30年前の冒険小説が長い時を経てはじめての
単行本化。

BPさんの究極映像研究所blogにて教えて頂きました。

以下ネタばれあり…一応他山田正紀作品への言及も…
ある日突然スポンサー企業が倒産してしまい、活動休止に
追い込まれたオーケストラ。再興の為にやむなく世の悪人の、
表に出せないお金を横から翳めとる詐欺行為を繰り返す
楽団員たち。だがある日、その詐欺~一連の犯罪行為が
何者かに知られてしまい、ある計画を実行する事を脅迫強要
される羽目になる。
そのある計画とは…東京ジャック!

普通の一般人が、そのみちのエキスパートと渡り合う…という
痛快な展開は「火神(アグニ)を盗め」に似ているなあと
感じつつ読み進め……いや、これかなり似通ってますね。
病的狂気を抱いた公安の切れ者とその部下はローズ&リリー
を彷彿とさせるし(ラスト、クライマックスは当然主人公と
対峙対決)、よれよれ汚れ刑事(笑)の原田は羽田空港で
カメラを壊された私怨でローズを始末するソビエトのスパイと
行動が類似。
今アグニを再読してます。まだ羽田空港が国際空港、ロシアで
なくソ連の時代なんですねー。

…この辺りの類似が、作者をして30年間封印させてしまった
遠因じゃないかと(笑)。

あとがきで、山田正紀が原点回帰を謳ってます。これを機に
冒険小説の復活があらん事を願ってやみません。

‥取り敢えず新作の前に、贋作ゲーム他読んでおかないと~。
スポンサーサイト



0件のコメント

コメントの投稿

新規
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://childhood1515.blog53.fc2.com/tb.php/157-d4da2a1b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索