FC2ブログ

Entries

スポンサーサイト

The Simpsons Movie DVD

本国では夏公開だったザ・シンプソンズの映画、年末12月18日にDVDが出ます。年末はブレランと共に楽しみが増えました。...

映画秘宝12月号

ザ・シンプソンズの記事目当てに久々に買いました。表紙はバイオハザード3のミラ・ジョヴォヴィッチ。3の監督はあの!観客の睡眠を誘発する効果はタルコフスキー以上と評されたレイザーバック、リングのロープをすり抜けるカメラと個人的に大好きな役者クランシー・ブラウンの熱演だけが魅力なハイランダー、終始B級のテイストで溢れる佳作リコシェ等のラッセル・マルケイとくればこりゃ必見。来月公開が楽しみです。…ミラ姐さん...

おせん 14巻

ほぼライフワークとなったきくち正太の長期連載漫画、14巻出ました。この巻も、笑いありペーソスありと楽しませてくれます。…カレーパン、カレーパンが食べたい…つーか自分で作って熱々の揚げたてを食べたい…嗚呼…いや今日もカレー食べたんだけど…。...

いつまでもデブと思うなよ

もはや詳細紹介不要、岡田斗司夫のベストセラーです。毎日の体重チェックと、食べたものの詳細な記録、実践する方法はたしかにこの2つだけですが、このダイエット、重要なのはメンタルの改造にこそあります。そこを理解し実践していかないと直ぐ挫折してしまいます。…自分もメタボ予備軍なので頑張りたいと思います。志を忘れそうになったら再読再々読をして仕切り直し。取り敢えず二十代のときに買ったレザージャケットを余裕で...

漫☆画太郎マスコットキーチェーン

(株)ユージンの200円ガチャですよ。なんかいきなりシークレットが出たみたいですよ山田太郎のかぶきものバージョンですよ。うんこ付きだから恥ずかしくてケータイには付けれませんよ。今度はババアも出して欲しくないですよ。まさに外道!!!...

もやしもん6巻限定版

5巻のおまけ付きは一般の本屋にも並んで入手し易い状態でしたがこちらは受注生産のみだそです。4巻限定版って更にプレミア上がってますね…。http://www.rakuten.co.jp/hoshinobk/421335/1850284/来年2月が待ち遠しいです。...

レッド

山本直樹・著/講談社9月に出ていましたが今頃読みました。(以下ネタばれあり念のため)...

シンプソンズの光沢シール

近所のダイエー系列のスーパーに買い物に行き、普段はめったに行かない上の階に上がりました。隅っこに幾つか置いてあったカプセルトイガチャガチャにまじって、100円入れてレバーを押して引くとシールが出てくるという器機が置いてあったのでシンプソンズを購入。お目当てのバーンズ社長が出る前にシール自体が品切れになってしまいました。遅くなりましたが北村和夫氏北村弘一氏の急逝にお悔やみ申し上げます。映画版には出演...

Dr.Pepper新デザイン

 以前ロッキン・ジェリービーンのイラストを起用したDr.Pepperを紹介しましたが先日からまたデザインが一新、今回は今井トゥーンズのイラスト。 やはりコンビニで扱っているのはampmだけなので自宅から少々距離は離れているコンビニに行って来ました。売れてる?のかあったのは2種類のみ。3姉妹のもう一人はまたいずれ。御二人とも好きなイラストレーターなんですがスタイルというか起用される対象が宣材に偏っている?のか中...

天才バカボン傑作集

小学館と講談社よりデザイン統一つーか2冊セットの状態で40周年傑作集刊行。最近小学館と講談社仲いい(笑)みたいだけど何でだろ?同じ作家のお互いの出版単行本を紹介したりしてますね。時事ネタも頻繁に盛り込みつつ、ギャグ漫画なのにこの不動な絶対的なマスターピース振りはどうだろう。くだらなく下品だが決して「しょうもない」ネタは皆無というのが素敵だ。それにしても、連載が移籍して続いてたというのは今回はじめて...

らんぽう OP&END

http://www.nicovideo.jp/watch/sm153404【ニコニコ動画】アニメ・らんぽう OP&EDニコニコにうPされてたので紹介しまふ。こちらは84年4~9月放送。自分の中でもっとも濃い時期だった85、86年の前史という事で(泣)。まあ徒然。...

人を殺す、という仕事

大石圭の新作ホラー小説。ガース柳下が書評で取り上げていた「処刑列車」以降、ノベライズ以外はほぼコンスタントに読んでいます。この前の「邪まな囁き」は購入したんですが積ん読デス。嗚呼以下他著作に関してもネタばれあり。...

アニメ店長

島本和彦・著、アニメグッズショップアニメイトの無料情報誌「きゃらびい」に連載作品、漸くの3巻。スパン長いよなあ……冒頭収録のでまだ映画逆境ナインの宣伝だよ……。今回もこうゆう漫画でいいんだろうかいいんだよこれでいいのだと逡巡と納得と居直りと歪んだいや拗ねてる作者のスタンスが素敵でした。意識して絵柄を変えたのに全然反応なくってがっかりとか(泣)。...

トムソーヤ

高橋しん・作/白泉社ジェッツコミックス。8月の終わりに出たのに直ぐ買ったのに今頃読んでしまった…。誰もが持つ、一夏の冒険談の記憶。田舎に戻ってきた美大生のヒロイン、彼女と少年達との長く短い夏の一刹那の冒険の数日間。冒頭にある事件が起こるのですが、敢えて具体的な説明描写は避けて主人公達の主観のみで話が進行します。去り行く夏、そしてまた夏がいつものようにー でも、あの夏はもう二度とは訪れない。読了して...

劇画信長公記・1巻

平田弘史待望の新刊、リイド社より。黒田三十六計はずっと読み続けてるんですがここ数巻、最初の頃のような奸計を用いての戦略としての要素がかなり減ってしまって、史実をちょっとなぞって平田テイスト…的なそれはそれで悪くないんですが劇画ダイナミズムはかなり希薄になってしまった展開…ちょっと物足りないところでこちらの新シリーズ。現在の連載がどの程度まで描いてるのかは不明ですが、本格的な戦闘になってない段階でこの...

Appendix

プロフィール

安間俚庸

Author:安間俚庸
「あんまりよう」と読むが意味は無いです。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。